青汁って何味?

今は数十種類(数百種類?)はある青汁なので、「青汁は○○味」と断定することが難しくなりました。それぞれメーカーが飲みやすさを追求したおかげもあり、飲みづらさはずいぶん軽減されています。
昔の青汁(特にケール・・・(-_-;))の青汁は、何味かと聞かれたら「青臭くて苦い味」と答えるしかなかったです(汗)。それぐらい青臭さが残るものでした。バイト先のホテルの宴会では、罰ゲームに良く青汁を使われてましたからね(笑)。青汁の味を「沼の水味」と表現している人もいました(←当たってます笑)。青汁=飲みたくないもの、だったんです。
しかし、最近の粉末の青汁はそんな青臭さを残したものの方が少ないと思います。青臭さが全くダメ!と言う人は残念ながら飲めないと思いますが、普通の大人ならそこまで我慢できないものはありません。たいていの青汁に薄く抹茶をまぜてあり、抹茶味と言っていいぐらいの飲みやすさになっています。
原材料によってはフルーツ(レモンなど)の味の場合もあります。フルーツ味の場合はさらに青臭さが少なく、ほとんど青汁を感じません。私はこのタイプはあまり好きでなく、青汁感が残っているほうが好きなのですが、どうしても青臭くないものを!と思うなら、フルーツ味を探してみるとよいでしょう。